2009年8月19日 (水)

何故今まで…

何故今まで…
何故今まで…読まなかったんでしょう??
世界中で沢山の人が読んでいる…
こんなにも有名な本なのに…

初めて読みましたshine
『星の王子さま』サン=テグジュペリ著

でも…flair

大人になった今だからこそ深い意味を持って読むことが出来たのかもしれませんcatfaceflair

人に接する度に抱く様々な想いを…
大切な事を見失いそうになった時に…
きっと、これから何度でも読み返す事でしょうconfidentclover

『いちばんたいせつなことは、目に見えない。』

この言葉の意味を
常に心に響かせて…confidentheart02

小さな星の王子さまとキツネとのお話は…
胸がキュッとしましたheart02
『たとえば、きみが夕方の四時に来るなら、ぼくは三時からうれしくなってくる。』
私も同じ想いを抱きながら人と向かいあって居るからbud
だからどうか、淋しい想いにさせないで。

『星の王子さま』
是非皆さんも読んで下さいshine

そしてまた…
サン=テグジュペリという人物にも、その生涯にも触れてみたいと思いましたclover

2009年1月21日 (水)

一歩前へ・・・

仕事を始めたら少しは痩せるかなぁ・・・って思ったけれど

相変わらずpigshineなHACCHIですcoldsweats01sweat01

さてさてflair

世界では第44代アメリカ合衆国新大統領バラク・オバマさんの

就任式の話題で持ちきりですねshine

Changeshine・・・彼の存在は何かを変えたいとする

希望の象徴なのでしょうか。。。

『変えて欲しいsign01』・・・のでは無く・・・

『変わっていこうsign03』・・・と思うことが大事ですよね。

選挙の事ばかりがチラチラとして具体的に何も示せない

日本の政治家さんたちにも襟を正してもらいたいものですannoy

世界的に大きな初めの一歩が動き出してはおりますが・・・

もっと身近な初めの一歩shineというか・・・一歩前に進もうとしている

お友達をご紹介したいと思いますhappy01notes

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

以前・・・このblogでもご紹介しましたが・・・

お友達の書いた携帯小説で星野ヒロ著『君とつながっていた』が

ディベロップ東京出版より

『君とつながっていた』著者Hiro

ISBNコードナンバー[978-4-86196-009-3]

にて出版されましたupupshinenoteshine

彼女の自伝的小説ですshine

わっちも早速購入しようhappy01scissors

何かを形にするって素敵なことですよねnote

HACCHIも今年は少し新曲を書きたいと思いましたnote

ちゃんと形に残せるように一歩前へ進めるようにhappy01shine

とはいえ・・・

今朝も寒い中・・・やや寝不足で重い頭を振り起こして

今からお仕事行ってきますdash

2008年8月13日 (水)

いっちばん

暦の上ではもう秋ですねnote

・・・といってもまだ暑い毎日sun

そろそろ夏の疲れが出てきませんか??

HACCHIの家は木造の一軒家だから・・・朝晩は涼しく感じます。

いつもより蝉の声も少ないように感じます。

確実に秋は近づいていますねsoonmaple

秋といえば読書や芸術鑑賞にはもってこいこいですshineheart01shine

HACCHIもLiveにアチラコチラ出没中ですhappy01notes

その辺のご報告は後ほど・・・にしまして・・・

今日はflairHACCHIの大好きな小説『しゃばけシリーズ』の最新刊sign03

20080813093303 畠中恵著『いっちばん』が発売になりましたupup

プチ貧乏を忘れて早速購入note

若旦那一太郎さんと妖たちの活躍が

今回はどんなストーリーになるのか??

楽しみですhappy02notes

さてflair

20080813093458 ←この子を起こして

ちょっとやりたいことが・・・coldsweats01sweat01

どいてぇぇぇぇ~notes

2007年10月 1日 (月)

ちんぷんかん

食欲の秋♪

行楽の秋♪

芸術の秋♪

チョッピリ秋の長雨な今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか???

HACCHIは読書の秋♪

お気に入りの畠中恵著『しゃばけ』シリーズ第六弾!

『ちんぷんかん』を一気読みしました!!

20071001092305_2 毎回毎回楽しく読んでます♪

今回は主人公一太郎さんの兄、

松之助さんの縁談を巡る話あり

母おたえの恋物語あり・・・。

でも・・・やはりHACCHIが一番心に響いたのは

『はるがいくよ』です。

一太郎のもとに現れた桜の花びらの妖・・・小紅

花が咲き散り往く半月あまりの短い命・・・。

そんな小紅を通してこの世に生きるもののはかない命を

嘆き悲しむのではなく、いかに美しく咲き誇れるのか・・・

いつか別れ逝く者達への残される者達への

複雑な想いを綴った作品で

心が少し切なくなりました。

そして・・・ふとHACCHIのオリジナル曲『乱花』が

頭の中で鳴り響きました。

乱花は秩父の清雲寺で観た枝垂桜の咲き乱れる姿を想い

桜の木が恋をしたらどんな気持ちだろうと書いた曲です。

『乱花』

君の涙乾くまで 君の想い出に変わるまで

春の風揺れながら 咲き続ける強さ今信じて

優しさと温もりを 君に伝えよう・・・

ずっとずっとこの場所で そっと君だけを見つめている

陽炎の揺らめきに この熱い想いをただ重ねて

やがて陽が落ちるまで 君を包み込む・・・

季節外れ咲く花さえ 君の為ならそれで良い

一人きりの長い夜も 君を想えばそれで良い・・・

いつか涙乾くから 君の想い出に変わるから

咲き乱れた心も 散り急ぐ時には香りを増す

切なさは君だけに 抱いた苦しみ・・・

涙流すその代わりに 花が散るならそれで良い

風に揺られその花びら 君の元まで届くから・・・

咲き乱れる・・・

咲き乱れる・・・

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ