« 肉食べた♪ | トップページ | やっぱり目眩が・・・ »

2007年10月 1日 (月)

ちんぷんかん

食欲の秋♪

行楽の秋♪

芸術の秋♪

チョッピリ秋の長雨な今日この頃。

皆様いかがお過ごしでしょうか???

HACCHIは読書の秋♪

お気に入りの畠中恵著『しゃばけ』シリーズ第六弾!

『ちんぷんかん』を一気読みしました!!

20071001092305_2 毎回毎回楽しく読んでます♪

今回は主人公一太郎さんの兄、

松之助さんの縁談を巡る話あり

母おたえの恋物語あり・・・。

でも・・・やはりHACCHIが一番心に響いたのは

『はるがいくよ』です。

一太郎のもとに現れた桜の花びらの妖・・・小紅

花が咲き散り往く半月あまりの短い命・・・。

そんな小紅を通してこの世に生きるもののはかない命を

嘆き悲しむのではなく、いかに美しく咲き誇れるのか・・・

いつか別れ逝く者達への残される者達への

複雑な想いを綴った作品で

心が少し切なくなりました。

そして・・・ふとHACCHIのオリジナル曲『乱花』が

頭の中で鳴り響きました。

乱花は秩父の清雲寺で観た枝垂桜の咲き乱れる姿を想い

桜の木が恋をしたらどんな気持ちだろうと書いた曲です。

『乱花』

君の涙乾くまで 君の想い出に変わるまで

春の風揺れながら 咲き続ける強さ今信じて

優しさと温もりを 君に伝えよう・・・

ずっとずっとこの場所で そっと君だけを見つめている

陽炎の揺らめきに この熱い想いをただ重ねて

やがて陽が落ちるまで 君を包み込む・・・

季節外れ咲く花さえ 君の為ならそれで良い

一人きりの長い夜も 君を想えばそれで良い・・・

いつか涙乾くから 君の想い出に変わるから

咲き乱れた心も 散り急ぐ時には香りを増す

切なさは君だけに 抱いた苦しみ・・・

涙流すその代わりに 花が散るならそれで良い

風に揺られその花びら 君の元まで届くから・・・

咲き乱れる・・・

咲き乱れる・・・

« 肉食べた♪ | トップページ | やっぱり目眩が・・・ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 肉食べた♪ | トップページ | やっぱり目眩が・・・ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ